FC2ブログ

市民大会にエントリー

4月~5月にかけて、バタバタしすぎまして、プールから足が遠のきました。
せっかくチームメイトとの合同練習に参加して4月中旬までは順調に1回/週で泳いでたんですが・・・

試合のスケジュールを入れないとこのまま一生泳がないような気がしたので、強引に7月8日のF市民大会
にエントリーしました。
50m自由形とリレー1本です。

試合日程が決まれば自ずと練習します。
ただ一度緩めたものを戻すのは大変です。
6月上旬から、1回/週ペースで泳ぎ始めて、今は1~2回/週ペースまで来ました。
(1回にせいぜい400~500mですが)

試合まであと2週間弱。
どれだけ泳げるか、です。
スポンサーサイト



泳いだ日はお腹が空く

今週の練習会は雨でした。
室内なので関係ないですが。
最近、週末になると天気が崩れます。
確か先週も雨でした。
風も強かった。
傘が壊れましたから。
傘が壊れるとへこみます。

練習会のあとはいつも朝食会があります。
いつも決まった店です。

先週からモーニングメニューが新しくなりました。
いつもオーダーしていたスープセットがなくなり、何を食べるか迷いました。
こちらは客なのでメニューが変わって戸惑うのは当然なのですが、
店員も新しいメニューに戸惑っているようでした。
何か尋ねても「少々お待ちください」と言って奥に確認しに行ってしまいました。

今日は、ちょっとオシャレにエッグベネディクトっていうのにしました。

エッグベネディクト

マフィンを半分に割って、片方にはホウレンソウと半熟玉子を乗せてその上にチーズがたっぷりかかっています。
もう片方にはトマトやキャベツなど野菜が乗っています。
小さいハッシュドポテトも付いています。

美味でした。
ただ、もうちょっと量がほしいですね。
2時間後にお腹が空いて、昼ごはん食べました。

3.11神奈川マスターズショート

名古屋ウィメンズマラソンの結果も気になりましたが、神奈川マスターズも盛り上がりました。
うちのチームからは、過去最多の17名のエントリーでした。
(キャプテンのエントリー作業も大変)
家族も含めると20名は超えたので、場所取りもそれなりの面積を確保しなくてはならず、4人がかりでした。

ボクの出番は朝一の100m自由形。
記録会での失敗を踏まえて、スタートとペース配分に十分注意して泳ぎました。
スタートもうまくでき、ペース配分も適度に守れました。

ところが予期せぬことが起こりました。
端のコース(8コース)だったので、ものすごく水を飲んでしまったのです。
壁に当たって跳ね返った波による影響でした。
ゲボゲボ言いながら泳いでました。
左呼吸もできるようにしておかなくてはいけないと、また一つ課題ができました。

ペース配分はうまくできたのですが、タイムは記録会よりもさらに遅く、先輩に「もう少し練習しようか」と言われました。
タイムが遅い原因はもう一つあって、体が硬すぎるということです。
特に肩周りの凝りがひどくて、泳いでるうちに腕が重くなって回らなくなります。
ストレッチもしなくては。

それにしてもキャプテンは役員(審判)をやりながら、メダル3個ってすごい。
やはり超人!?

昨日はあの日からちょうど一年。
14時46分には競技を一時中断して、会場全体で黙とうを捧げました。

次の試合は5月のジャパン短水路相模原になると思います。

普通に泳げる幸せ

あさっては神奈川マスターズです。
そう、今年は3.11なのです。
昨年の神奈川マスターズは震災直後で中止になりました。

あの日を堺にまったく違う世の中になりました。
計画停電するし、食料品は売ってないし。
そしてプールもしばらく営業休止しました。
その影響で練習会もあの日以降、中止になりました。

被災地はまだ復旧復興の途中ですが、泳げることを幸せに感じながらレースに
臨みたいと思います。
今回はうちのチームからは大人数が出場します。
女性も出場するということで、混合リレーが組める貴重な機会です。

ボクは今度こそペース配分とスタートに十分注意します。

一生に一度の

ボクが好きな言葉に、一期一会というのがあります。
ご存知の通り元々は茶道の言葉で、「一生に一度しかない出会い」などという意味に用いられます。

さて、話は変わりますが、先週末と今週末はいつもの練習会がお休みです。
そこで、自主練しに行きました。

練習後の楽しみは、ファミリー系レストランで甘いものを食べることです。
今、シーズンなので苺フェアを開催しています。
お気に入りの苺スイーツがあって、よくそれをオーダーします。

でも、毎回味が微妙に違います。
チェーン店だからマニュアル化されてるはずなのに。
きっとその日の気温・気候や作り手が違うこと、また自分の体調の違いによるものなのかも。

これぞ、まさに苺一会(いちごいちえ)なのだと。